L<ベンチャー幹部向け>生成AIをビジネスに活用する方法【保存版】

PR:サイバービーチ

ベンチャーの経営幹部で、生成AIChat GPTを まだ仕事に活かせてないよーってアナタ。

絶対コレ読んで

相当、反省したほうがいいと思います。

まだ利益UPに、つながらないでしょ?

利益につなげるには、半年くらいかかるんじゃないの?

って思ってるなら、相当、遅れてます。

僕自身の話でいえば、使い始めて、1か月くらいで利益UPにつながっています。

例えば、僕は広告の仕事をしていますが 実際、生成AIで作った画像で、広告バナーをつくってCPAよくなってます。

実際、作ってる画像はこんな感じ ↓

あなたが思ってる生成AIの画像↓って、たぶんこういうのだと思います。

だとしたら、相当、認識遅れです。

僕が作ったのは、これ↓がSeaArtというAIツールで作りました。

で、こっち↓は、ChatGPTOmniで作ってます。

ChatGPTでも、コツさえ知れば、このレベルの画像が作れるんです(僕はプログラミングの知識は、全くないですよ

ちなみに↓以下のような素材よりも「生成AIで作った画像」のほうが「CPA」が良いケースも多発しています。

 ・素材サイトで購入した写真  ・イラストレーターがつくったイラスト  ・自社で撮影した写真

⇒ 生成AIで作った素材のほうが、上記よりもCPAが良い現象が多発

「コストダウン」のために「AI」を使うイメージを持っている方が多いですが、それはもう古い考え。 今は、人が作成したものよりさらに「質を上げる」ために「AI」を使う時代に突入しています。

 

編集も、革命が起きてきてる…

このサイト↓、アナタは知ってますか?

https://vrew.voyagerx.com

これ、僕の周りで広告業界にいる人は、めっちゃ使いだしてる動画編集のAIツール

使い方、超簡単です。半自動で、動画編集できちゃうから、正直、編集の仕事、これでなくなります(というか、なくなってます)

もう一度言います。

使い方、マジで超簡単です。僕は、編集やったことないけど、すぐ使いこなせてます。

編集以外でも、海外だと 営業メールを半自動化したり 会計を半自動化するAIも、でてきています。

そして、ここで強調したいのが 「効率化」だけがメリットではないということ。

AI=効率化=コストダウン」のために使うと思ってる ベンチャー幹部の方が多すぎます。

もちろん、それも大きなメリットです。

ですが「効率化」だけでなく「質UP」のために生成AIを活用し、利益UPしている会社もどんどん増えてるんですよ。

例えば、Amazonの販売業者で、ChatGPTを使用しCVRを26%⇒46%に向上(※Chad Rubinの事例)してる事例 等。

先ほど紹介した「画像広告」もそうですが 営業広告ECなど、色んな分野で「生成AI」を活用し 「人間以上の質」を生み出し、利益をあげてる会社は増えていますよ。

 

でも、実際、どうやって生成AIで会社の利益を上げればいいの?

でも、どうやって生成AIで、今の仕事の利益をあげればいいの?

Chat GPTを触ってみたけど、どう活用すべきかわからない。

そんなアナタ。

AIで大事なのは、たった2つ。

1.アメリカ、中国の「使えるノウハウ」を仕入れろ 2.あとは、とにかく使い倒せ

です。

まず日本は、海外と比べてAIに対して2~3年遅れてる。 なので、最新の情報を仕入れるなら、海外の情報を仕入れること。

また、AIのツールは海外製のものが多いです(特にアメリカや中国)。なので、アメリカ、中国の最新ノウハウや、ツールを知ることが大事。

あとは、とにかく使い倒してください。

正直、生成AIを使いこなすのは、そんなに難しくないです。

やりたいことに対して「指示(プロンプト)のコツ」を覚えれば、カンタンにAIを使いこなせます。そこで必要なのは「プログラミングの知識」以上に「慣れ」です。

適当でもいいので、とにかく「AIに指示しまくること」が重要です。 (1、2回で諦めず、自分の欲しいアウトプットがでてくるまで、30回くらい指示してみてください)

あとは、ちょっとしたコツが色々とあるので、それを知ることが重要です。

 

ちょっとしたコツ:AIにプロンプトを作ってもらう

これ、超簡単ですが、役だつ裏ワザです。

「AIに指示するプロンプト」を「AI」に作ってもらうんです。

意味わかりますか?

要は「美女画像」を生成したいとして、以下のようにAIに質問するんです。

ーーー 添付で送ったような美女画像を作りたいです。 AIに生成してもらうためのプロンプトを、作ってくれませんか? ーーー

そうしたら、AI自身が、適切なプロンプトを作ってくれます。

で、それをコピペして、AIに指示すればいいだけ。

※たまに、そのまま画像を生成してしまうケースがあるので、その場合は 「※画像を生成するのではなく、プロンプトを書いてください」と再度、指示ください。

 

ちょっとしたコツ:英語で指示する

英語で指示することも重要なポイント。

やはり日本語だと、どうしてもズレが起きます。

英語で指示するだけで、AIのアウトプットの質があがります。英語が得意じゃない方は、翻訳ツールを使うだけでOK。

こういったちょっとしたコツを知るだけで、AIから出てくるアウトプットの質が変わります。

こういうコツが、いっぱいあるんです

 

いまから生成AIを学ぶなら、良いコミュニティに入るのがオススメ

先ほどお伝えした通り、生成AIを使いこなすには 「アメリカ、中国の質のいいノウハウ」を知って とにかく試すことが大事。

あとは「ちょっとしたコツ」がたくさん存在するので それを知ること。

あとは、とにかく試す!

そのために手っ取り早いのはAIのスクール(コミュニティ)に入って 「海外の使える情報」「ちょっとしたコツ」を一気にインプットすることです。

先ほども言いましたが AIを使いこなすのは、そんなに難しくないです。

最新情報」と「最新のコツ」を知ってるか否かが全て。

あとは「慣れ」です。とにかく常に生成AIに日々触れてください。

もちろんプログラミングの知識も多少あったほうが、より使いこなせます。

ですが、プログラミングの知識がなくても、仕事の利益アップや、コスト減に十分使いこなせますよ。

生成AIのスクールは、まだそこまで量がないですが ここは「生成AIの基礎」から「海外の最新情報」まで一貫して学べるのでオススメです。 ↓

⇒ 「生成AIスクール」の詳細をチェックする

 

本当にやる気があれば プログラミング(Pythonやスクレイピング等)の基礎も学べます。

そうすると、より生成AIを「利益UP」や「コスト減」に活用できるようになります。

(僕は、ここまで学んでしまうのがオススメです。気合がいりますが、経営層の方は、プログラミングの知識は多少ないと、今後、困ると思います。

昔と違い、コードはAIが書いてくれるので、そんなに大変ではないです)

また、スクールに入れば、コツがいまいち掴めないときも 24時間 質問に答えてくれます。

とにもかくにも、生成AIで大事なのは、 「アメリカや中国の使えるノウハウを仕入れること」 で 「それをどんどん使うこと」 です。

僕の周りでも、すでに生成AIを使いまくって、利益を上げてる会社も多いですよ。

そうじゃないアナタは、相当反省したほうがいいです。

無料オンライン相談↓もあるので、どんな感じなのか、話をとにかく聞いてみるのがオススメです。

⇒ 「生成AIスクール」の詳細をチェックする

 

マジで、生成AIの進化スピードは半端ないので いますぐ行動しないと、本当に手遅れになりますよ

⇒ 「生成AIスクール」の詳細をチェックする

 

例えば、最近公開された動画生成AIの「Gen-3」って知ってますか?

コレで僕が作ったのがコレ↓

(動画を挿入)

他の生成AIとも、組み合わせて作ってますが、 AIの知識があれば、これが作れちゃうんです。

3カ月おきくらいに、大革命くらいの進化が今、起きています

さすがに、そろそろ仕事に使い始めましょう。ついていけなくなります。

自分で勉強するでもいいですけど、とりあえず、手っ取り早くレベルをあげたいならスクールがオススメ。

一度「どんなことが学べるのか」「このスクールに入ったらどのレベルまで生成AIが扱るようになるのか」相談だけでもしてみるといいと思いますよ

⇒ 「生成AIスクール」の詳細をチェックする

 

今日からChat GPTだけでも毎日、使ってくださいね。

特定商取引法プライバシーポリシー